PhotoBlog

栃木県内で撮影した風景など全般の写真を紹介します。

iwafuneyama_001.jpg

暑さ寒さも彼岸まで。
寒気も緩み始め、もうすぐ春の彼岸がやってくる。
来る彼岸に向けて全国でも有名な霊場を紹介します。
ここは、栃木県栃木市にある日本三大霊場・日本三大地蔵の一つである岩船山です。
切り立った岩山の上に天台宗のお寺高勝寺があります。
広い山内には三重の塔があり、至る所に石仏やお地蔵様が祀られています。
水子供養としても有名です。
五月の風のギャラリーにも岩船山で撮った写真を紹介しています。

iwafuneyama_002.jpg iwafuneyama_004.jpg

カメラ ゼンザブロニカETRsi
レンズ ゼンザノンPE 75mm F:2.8
フィルム フジフィルムネオパン400

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ

krsmsrozu_2018_02_20_001.jpg jincyoge_2018_02_20_001.jpg

自宅のクリスマスローズ沈丁花の蕾が大きくなり始めました。
クリスマスローズは、一鉢に4つの花芽が付き、沈丁花は木一杯に花芽が付いています。
沈丁花の花芽は木苺のよう。
3月の入ると沈丁花の芳しい香りが漂います。
オールドレンズのアサヒタクマー55mmf:1.8に接写リング16mmを装着。

下は、昨年のクリスマスローズです。
沈丁花とクリスマスローズ(2017年3月撮影)

kurisumasu_2017_03_07_002.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ

jizou_001.jpg

栃木県上三川町向川辺地区の鬼怒川の堤防に建つ地蔵尊
確か、ここ鬼怒川で犠牲になった方を供養して建てたという。
地蔵尊の見下ろす先では、北関東自動車道の鬼怒川に架ける橋の工事が始まっていました。
その姿は、まるで、工事が無事に終わることを祈るかのようでした。(下左)

jizou_003.jpg jizou_002.jpg

下は、鬼怒川に掛かる仮橋から見た工事の様子。
工事現場の夜景はMaywindのつぶやきで紹介しています。
夜景 橋梁工事二題

jizou_004.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ

nantai_001.jpg

フジフィルムのミ二コピーHRⅡで撮った堤にて二題です。
撮影地は、栃木県壬生町の黒川ふれあいプール付近です。
上は、遠くに望む早春の男体山をプールの駐車場から。
下は、暗雲たちこめる黒川河川敷の堤付近で撮った一コマです。

kurokawatutumi_001.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ

nikko_yuki_001.jpg

栃木県日光市の大谷川河川敷の公園から撮った冬の日光連山です。
雲と雪のコントラストをフジフィルムのミニコピーフィルムで表現してみました。
雲の微妙な階調を表現するには最高のフィルムでしたが十数年前に廃盤になってしまいました。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ

ume_2018_02_16_001.jpg

白梅の盆栽と寄せ植のシクラメンを接写リングで切り撮ってみました。
オールドレンズのアサヒタクマー55mmf:1.8に接写リング16mmを装着。

ume_2018_02_16_002.jpg shikuramen_2018_02_16_003.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ

shinbijyumu_2018_02_12_002.jpg

我が家のシンビジュームが咲き始めました。
毎年咲いてくれる何時もの花。
多くの蕾の中から二輪だけ咲き出しました。
花に霧を吹いて演出。

shinbijyumu_2018_02_12_003.jpg shinbijyumu_2018_02_12_001.jpg

オールドレンズのアサヒタクマー55mmf:1.8に接写リング16mmを装着。
下右は、接写リング9mm・16mm・30mmを装着。
被写体との距離は3cm位。
オールドレンズに接写リング装着なのでオートフォーカスは作動せず、手動でのピント合わせに苦労します。

shinbijyumu_2018_02_13_001.jpg shinbijyumu_2018_02_13_005.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ

shikuramen_003.jpg

アサヒタクマー55mmf:1.8に接写リング16mmを装着して新たにシクラメンを接写してみた。
シクラメンに霧を吹きかけ、葉に付いた水滴のボケを表現してみました。(上写真)

マクロレンズや接写リングなどを装着すれば素晴らしい写真を撮ることが出来る。
しかし、カメラで撮った写真を愛する者にとっては邪道かもしれないがレタッチソフトを利用すればそれなりに表現することも出来る。
そこで、ちょっと検証してみようとコンデジで同じような構図で撮ってみました。
カメラは、以前買ったニコンCOOLPIX L20で撮影してみました。
下左が、そのまま撮った写真。
下中と下右がレタッチソフトで加工した画像です。
下右は、上の写真のようにボカシ具合をみながら加工してみましたがなかなか難しい。(加工がちょっと雑でした)
やはり、接写リングを装着して撮った写真とは全然比較になりませんが、ブログなどで利用するには十分かと思います。

shikuramen_006.jpg shikuramen_007.jpg shikuramen_005.jpg

閑話休題
加工に利用したレタッチソフトはPhotoshopですが、無料で使えるフリーソフトでも優秀なものがたくさんあります。
私は、サブPCにLINUX OSのUbuntuを入れて使っています。
その為、サブPCでは高価なソフトも必要ないので無料のフリーソフトGIMPを使っています。
GIMPはOSを選ばないのでWindows/Mac/Linuxなどで使うことが出来る優れたレタッチソフトです。
使い方によっては、AdobeのPhotoshopの機能と同じなのでは。
GIMP オフィシャルサイト
GIMP 日本語版(使い方)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ

hanakanzashi_003.jpg

接写リングを装着して鉢植えの花かんざしシクラメンを撮ってみました。
オールドレンズのアサヒタクマー55mmf:1.8に接写リング16mmを装着。
カメラはニコンデジタル一眼レフ。
オールドレンズと接写リング装着のためカメラのオート露出は機能せず。
その為、愛用の単体露出計SEKONIC STUDIO DELUXEⅡで入射測光。

hanakanzashi_001.jpg shikuramen_002.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ

ume_2018_02_07_001.jpg

アサヒタクマーオールドレンズに接写リングを装着して試し撮りをしてみました。
使用したレンズは、タクマー55mmf:1.8にスカイライトフィルターを付けたオールドレンズです。
接写リングは、16mmサイズを使用しました。(下右写真の中央のリング)

nnten_2018_02_07_001.jpg ring_001.jpg

レンズ先端と被写体との距離は約7cmぐらいです。
トップの写真は、盆栽の梅。
上左は、盆栽用の南天
下は、陶器の醤油差しのアップです。

tooki_002.jpg tooki_001.jpg

使用感は、試し撮りにしては大いに満足。
前ボケ、後ボケも良いかな。
ここまで写れば、高価なマクロレンズは要らないかも。
因みに、接写リングはAmazonで999円でした。
ポケットに接写リングを忍ばせて春の草花でも撮りにいこう。
関連記事
接写リングをAmazonでMaywindのつぶやき

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アーカイブ

My Site

My Blog一覧

  ※Movable Typeで作成