PhotoBlog

栃木県内で撮影した風景など全般の写真を紹介します。

saboten_2018_06_07_001.jpg

久々の投稿です。
昨日の夜、我が家の鉢植えのサボテンに花が咲きました。
今回は、蕾から開花に至るまでビデオに収めようとしましたが不具合のためボツになってしまいました。
来年こそは開花までをビデオに記録しようと思っています。

saboten_2018_06_07_002.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ

kurobane_001.jpg

今が散り際と満開に盛装した桜。
大田原市黒羽町城址公園にて。

koomagi_001.jpg koomagi_002.jpg

上は、宇都宮市高間木親水公園。
下左は、壬生町しののめ公園にて。
下右は、鹿沼市ふれあいの森にて。

mibukurokawa_001.jpg deainomori_001.jpg

下は、矢板市塩田ダムにて。

shioda_001.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ

s46_001.jpg

3月6日、毎日新聞のネットニュースで富士フイルム が白黒フィルムと印画紙の販売終了するという記事が載っていました。

同社は1934年1月に設立。
同年2月から白黒用の印画紙など写真感光材料の製造・販売を開始し、カラー写真が普及する1970年代まで主力商品として同社を支えてきた。
しかし、カラー写真の普及やデジタル化に伴い、最盛期だった65年ごろの1%程度まで出荷量が減っていた。
同社では、コスト削減などを進めたものの、採算がとれず安定的な供給が困難となったことから、製造・販売を終えることにした。
製造は既に終了しており、フィルムは今年10月、印画紙は種類別に今年10月から2020年3月までの間に順次、出荷を終了する予定。
毎日新聞ネットニュースより抜粋)

私は1970年ごろから写真を始めましたがその頃は、富士フィルム・さくらフィルム・コダックフィルムのモノクロフィルムでした。
さくらフィルムは2009年にコダックフィルムは2015年に撤退してしまった。
私も2010年ごろまではフィルムカメラを使っていたが、その後デジ一眼に変えてしまってフィルムカメラはお蔵入りとなっている。
今更、フィルムカメラを使う必要もないが、銀塩フィルム特有の粒状が醸し出す奥行きの深さは忘れがたい。
掲載した写真は、カメラを始めた1970年ごろアサヒペンタックスSPで自宅付近を撮ったモノクロ写真です。

s46_002.jpg s46_003.jpg

トップの写真は、我が家の煙突。
上左は、我が家で飼っていた猫。
上右は、絞り開放で撮った梅。
下左は、兄が仕事で乗り回していたジープ。
下右は、近所の田植え風景。

s46_004.jpg s46_005.jpg

カメラ アサヒペンタックスSP
レンズ タクマー 55mm F:1.8
フィルム フジフィルムSS コダックトライX さくらフィルム

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ

sakura_mibiyakei_001.jpg

桜も満開を過ぎて散り始めました。
満開の夜桜を栃木県壬生町のわんぱく公園から撮ってみました。
満開の桜、街灯の下に佇むベンチが何故か侘しさを感じさせてくれます。
下は、運動場の入り口にある遊具脇でライトに映える桜。

sakura_mibiyakei_003.jpg sakura_mibiyakei_002.jpg

カメラ ゼンザブロニカETRsi
レンズ ゼンザノンPE 75mm F:2.8
フィルム フジフィルムアクロス100

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ

sakura_2018_03_31_007.jpg

桜 春爛漫。
紺碧の空に映える桜。
盛装した桜も週末には散ってしまうだろう。
(栃木市つがの里にて)

sakura_2018_03_31_008.jpg sakura_2018_03_31_006.jpg

土手を埋め尽くす菜の花と桜のコラボ。
(下野市姿川にて)

sakura_2018_03_31_004.jpg sakura_2018_03_31_005.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ

sekisakura_2018_03_31_002.jpg

春爛漫。
栃木県下野市姿川の堤に咲き誇る桜並木を撮ってきました。
満開の桜と満開の菜の花の競演です。

sakura_2018_03_31_003.jpg sakura_2018_03_31_002.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ

kaminnm_mono_009.jpg

栃木県鹿沼市上南摩に建設中の南摩ダムによる上南摩地区の離村の記録第三弾。
旧下梶又地区の荒地に佇む堂宇。
杉山から差し込む木漏れ日が神神しい。(上写真)
堂宇は荒地にとり残され、その奥で火の見櫓が寂しそうに見つめていた。(下左)
旧梶又小学校の前にあった堂宇。(下右)
学童たちは、急な雨にこの堂宇の中でやり過ごしたのかも知れない。
その他の写真はギャラリーの中の上南摩に掲載されています。(FLASHで作成)

kaminnm_mono_007.jpg kaminnm_mono_006.jpg

カメラ ゼンザブロニカETRsi
レンズ ゼンザノンPE 75mm F:2.8
フィルム フジフィルムアクロス100

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ

kaminnm_mono_003.jpg

栃木県鹿沼市上南摩に建設中の南摩ダムによる上南摩地区の離村の記録第二弾。
離村を前に家の中を片付ける光景に出会いました。
ここは、上南摩でも中央に位置し、周辺には火の見櫓停留場薬師堂などがありました。
多分、このお宅はタバコなどの雑貨を扱っていた商店なのかもしれません。
撮影するのに許可を頂いたのですがお爺さんとお婆さんが快く応じてくれました。
今は無くなってしまいましたが、ここに来ると往時の懐かしい光景が思い出されます。
上は、このお宅の傍にあった下梶又停留場。
下右は、このお宅の夕景。
その他の写真はギャラリーの中の上南摩に掲載されています。(FLASHで作成)

kaminnm_mono_005.jpg kaminnm_mono_004.jpg

カメラ ゼンザブロニカETRsi
レンズ ゼンザノンPE 75mm F:2.8
フィルム フジフィルムアクロス100

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ

rison_001.jpg

栃木県鹿沼市上南摩に建設中の南摩ダムによる上南摩地区の離村の記録。
離村が始まった2003年ごろから撮り綴り、想い出深いの写真を切り撮ってみました。
撮り溜めた写真から心に残るシーンを選んでみました。
その他の写真はギャラリーの中の上南摩に掲載されています。(FLASHで作成)

rison_002.jpg rison_003.jpg

カメラ ゼンザブロニカETRsi
レンズ ゼンザノンPE 75mm F:2.8
フィルム フジフィルムアクロス100

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ

yanakamura_003.jpg

3月17日には、渡良瀬遊水地でヨシ焼きが行われる。
渡良瀬遊水地の流域面積は2,602km²と広大で、2012年7月にはラムサール条約湿地として登録されている。
旧谷中村は、広大な渡良瀬遊水地の一角に遺跡として保存されている。

yanakamura_002.jpg yanakamura_004.jpg

旧谷中村の歴史は悲惨で、明治時代に足尾銅山から渡良瀬川に流れ込む鉱毒を沈殿させるために造られた遊水地です。
その為に農民による鉱毒反対運動(鉱毒事件)が起こり、最終的には谷中村全体が強制買収され強制廃村となった悲しくも悲惨な歴史があります。
その当時の様子は、城山三郎著「辛酸」に詳しく記されています。
※ 渡良瀬遊水地(Wikipediaより)
※ 渡良瀬遊水地について

yanakamura_001.jpg

五月の風のギャラリーに渡良瀬遊水地と旧谷中村に関する記事があります。
渡良瀬遊水地 ギャラリーより(FLASHで作成)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

My Site

My Blog一覧

  ※Movable Typeで作成