栃木県内で撮影した風景など全般の写真を紹介します。

接写リング と レタッチソフト

| コメント(0) | トラックバック(0)

shikuramen_003.jpg

アサヒタクマー55mmf:1.8に接写リング16mmを装着して新たにシクラメンを接写してみた。
シクラメンに霧を吹きかけ、葉に付いた水滴のボケを表現してみました。(上写真)

マクロレンズや接写リングなどを装着すれば素晴らしい写真を撮ることが出来る。
しかし、カメラで撮った写真を愛する者にとっては邪道かもしれないがレタッチソフトを利用すればそれなりに表現することも出来る。
そこで、ちょっと検証してみようとコンデジで同じような構図で撮ってみました。
カメラは、以前買ったニコンCOOLPIX L20で撮影してみました。
下左が、そのまま撮った写真。
下中と下右がレタッチソフトで加工した画像です。
下右は、上の写真のようにボカシ具合をみながら加工してみましたがなかなか難しい。(加工がちょっと雑でした)
やはり、接写リングを装着して撮った写真とは全然比較になりませんが、ブログなどで利用するには十分かと思います。

shikuramen_006.jpg shikuramen_007.jpg shikuramen_005.jpg

閑話休題
加工に利用したレタッチソフトはPhotoshopですが、無料で使えるフリーソフトでも優秀なものがたくさんあります。
私は、サブPCにLINUX OSのUbuntuを入れて使っています。
その為、サブPCでは高価なソフトも必要ないので無料のフリーソフトGIMPを使っています。
GIMPはOSを選ばないのでWindows/Mac/Linuxなどで使うことが出来る優れたレタッチソフトです。
使い方によっては、AdobeのPhotoshopの機能と同じなのでは。
GIMP オフィシャルサイト
GIMP 日本語版(使い方)

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://maywind.sakura.ne.jp/maywind_mt624/mt-tb.cgi/218

コメントする

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アーカイブ

My Site

My Blog一覧

  ※Movable Typeで作成